伊勢春慶の特徴
 
伊勢春慶の歴史
オーソドックス春慶
 
伊勢春慶の工程
カジュアル春慶
伊勢春慶に出会える店
 
伊勢春慶の会
 
伊勢春慶デザイン工房

 

 伊勢春慶の作業工程や使用される塗料などは、時代によって異なります。
 伊勢春慶の復活に際しては、四隅にこくそを施したり、柿渋を用いるなど堅固という特徴はそのまま踏襲することとし、色合いについては各時代に作られた物を手に議論を重ねた結果、生産量が増えて粗雑品も現われる以前の明治時代の伊勢春慶に復活のイメージを重ねました。すなわち、木地に弁柄の顔料を塗って赤っぽい着色をし、漆もまったくの透明ではなく少し赤みがかったものを用います。
 また、木地には良質な桧を厳選、その木目の美しさを最大限に生かすために、春慶塗りではひとつひとつを丹念に仕上げています。

 

1)大きさを揃えて切った桧の板を削る。
2)積み重ねて、角の組子の部分の凸凹を専用のかんなで
  削り出す。
3)組み上げて、“空木”という木釘で留める。
4)白木の木地が出来上がる。
5)との粉と弁柄による着色目止めをする。
6)柿渋による渋引きを2回する。
7)拭き漆3回、最後の拭き漆の前に、隅々に刻苧(コク
  ソ)をする。
8)春慶漆または朱合漆による上塗り。