伊勢春慶の特徴
 
伊勢春慶の歴史
オーソドックス春慶
 
伊勢春慶の工程
カジュアル春慶
伊勢春慶に出会える店
 
伊勢春慶の会
 
伊勢春慶デザイン工房

 

温もりのある光沢が美しい伊勢春慶。
その器としての魅力や使い心地はいかに?
実際に用いているお店の方にうかがいました。

 

独特の温もりがあって、上品です。
野あそび棚 女将 山口尚美さん

野あそび棚
伊勢市宇治浦田1丁目11-5
TEL 0596-25-2848
営業時間:10時〜18時
(飲食は11時〜)
※無休
 

 野あそび棚は、お花見や紅葉狩りなど野あそびに出かけたときのように、気軽に季節のごはんを召し上がっていただけるところです。
 地元の良い物を紹介しようと、2008年6月のオープンから伊勢春慶を使っています。大小2種類の正方形のお膳で、大きい方は「月替り 汁かけごはん」をはじめ「松阪牛の焼肉丼」、「てこね伊勢うどん膳」などの料理をのせるお膳に、小さい方は、季節のお菓子やお飲み物などのお膳に用いています。
 良いなと感じるのは、木独特の温もりがあって上品なこと。塗りの手触りもよいですし、器があまりすべらないので使いやすいですね。一つひとつ手づくりされていますのでしっかりしていて、割れることもめったにないです。ただ扱い方によってはキズがつきやすいので、丁寧に扱うように心がけています。
 店の2階には、野あそびなどに用いられていた提重箱のギャラリーがあります。昔のものは手間をかけて作られていますので味があり、古い伊勢春慶のお重を展示しているときもありますので、ぜひご覧いただければ。



わらかいのに強さもあって、お料理が映えます。
とうふや 女将 友美 愛さん

とうふや
伊勢市宇治浦田1丁目4−1
TEL 0596-28-1028
営業時間:11時〜14時、
17時〜20時
土・日・祝日は11時〜20時
※無休(ただし毎月1日、毎週水曜日の夜間営業はなし)
 

 とうふやは、ただ食事をしていただくだけのお店ではなく、五十鈴川の四季折々の景色とお料理を盛る器も楽しんでいただける場所です。
 「これは伊勢春慶の器ですね。良いですね」とおっしゃるお客様もいらっしゃいますし、知らない方には「これは伊勢春慶なんですよ」とお話させていただいています。
 伊勢春慶の魅力は、やはり温かみ。やわらかい感じがしますでしょ。うちでは豆腐田楽などの器がありますが、旬菜を入れたりお豆腐を入れたりと、違う料理を入れても映えるやわらかさがあります。それでいて、あなごを丸ごと大胆に入れても耐えられるような強さもあります。

 お客様にとっては、塗りの器でお料理を食べている贅沢感もあると思います。漆器は輪島塗などが有名ですが、「伊勢春慶はもっと日用の器として使っていたんですよ」と話をすると、「へぇー」と興味を持っていただきますね。あめ色で美しいですし、手にもなじみますので触ったりもされて喜んでいただいています。
 これからも、料理も器も映えるうち独自の伊勢春慶を注文して使っていきたいですね。

 
 伊勢春慶の田楽箱は、使ううちにつやが増し、木目の風合いが美しくなる。「伊勢春慶は、使えば使うほど良いと思います。いろんな料理を盛れるので、熱いもの、冷たいものに関わりなく使っています」と料理長の千原昌也さん。
 


を薄くして上品な雰囲気に。
手打ち石臼挽そば遊行 主人 古野尚正さん

手打ち石臼挽そば遊行
伊勢市河崎2丁目1−8
TEL 0596-27-3200
営業時間:11時30分〜14時30分
土・日・祝日は11時〜17時
(麺が無くなり次第終了します)
※月曜定休(祝日の場合は翌日休み)
 

 うちはセイロがメインです。セイロの器はいろいろありますが、ザルを底上げしてボリューム感があるように見せるような既製品は使いたくなかった。最初から器は伊勢春慶にしようと決めていました。本来、伊勢春慶はもっと厚みがあるんですが、それだとちょっとやぼったくなる。そこで、板の厚さを5ミリほどに抑えた器を注文しました。薄くしたおかげで品が良くなり、とても満足しています。
 つゆを入れるとっくりとお猪口は、バランスが合うようにすっきりとした白っぽい有田焼を選びました。けばけばしくなく全体がやさしい雰囲気で、ゆっくりとそばを味わっていただければ。
 漆器ですので、扱いには多少手間もかかります。完全に水分を拭き取って保管しなければいけませんから。でもそれは承知の上。うちはそば自体手間のかかる作り方をしているので、それはそれで良いと思っているんです。

 


力は、木地が見える素朴さでしょうね。
割烹 大喜  主人 坂田 巧さん

割烹 大喜
伊勢市岩渕2丁目1-48
TEL 0596-28-0281
営業時間:11時〜21時
※無休
 

 2008年の9月頃から、伊勢志摩の旬の幸を盛り込んだ季節弁当の器に使っています。
 伊勢春慶が復活したので使おうかという話になったときに、普通の弁当よりも特徴や高級感のある季節弁当がよいと考え、寸法などはこちらで決めて注文しました。
 季節弁当にはそれまで輪島塗の弁当箱を使っていたのですが、伊勢春慶の魅力は、生地が見える素朴さでしょうね。昔は箱物などが多くて板も厚かったのですが、薄い板を使っているので非常に上品に見えますし、料理とも合わせやすいと思います。
 当初は、何回か使うと塗りがはげてくるかな、と心配もしましたが、手洗いして大事に使っていますので、2年経ちますが全然はげていません。以外と長持ちして丈夫です。
 地元の産業のものを使うのは、非常に大事だと思います。食材はなるべく地物を使いますが、器に関しては今までそれがなかったので、伊勢春慶が復活して観光客にアピールできることはうれしいです。
 お客様に女将が説明するときもあります。伊勢春慶は柿渋を使っていますから、マークに柿の文様を使っていますね。伊勢には蓮台寺柿があり、季節弁当でも使いますから、お客様に料理をご説明するとき伊勢春慶にも触れると印象深く聞いていただけます。

 


地のやわらかさがおとうふを引き立ててくれます。
町家とうふ 店長 中西与志嗣さん

伊勢河崎 町家とうふ
伊勢市河崎2丁目14ー12
TEL 0596-25-1028
営業時間:        
10時〜18時
(豆腐販売)
11時〜14時(レストラン)
※火曜定休

 

 築100年の町家を改装し、おとうふを製造直売、また料理も味わえるお店です。
 5種類ほどある「本日のおまかせご飯」をのせるお膳は、昔の伊勢春慶くるみ膳を、特別に使い勝手の良いよう職人の方々に御無理をお願いし、製作していただきました。そのために持ち運びなどが便利で、お茶碗や白い磁器との調和が美しいです。
 「枡豆冨」の器は、出来たての当店でしか味わえない感触の豆冨を、伊勢春慶のもつ木地のやわらかさがうまくかもし出してくれています。
 漆器を扱うのは難しいというイメージがありますが、当たり前に使える、と自然に感じていただければ良いです。伊勢春慶に関心を持っていただくお客様には、すぐ近くにある工房やお店をご案内しています。